カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

大学生の彼との思い出

中学の時に初めて彼氏ができた。
家庭教師の先生の友達で、大学生で凄くかっこよかった。
彼とはいつもファミレスやカラオケや公園とかでデートした。
キスをしたのは付き合いはじめて1ヶ月目だった。
彼の家に行ったのはキスした次のデートの時。
独り暮らしで小さい部屋だったけど二人でいる分には全然気にならなかった。
彼の家にいるときはプレステしたりDVDを見たり、たまに私がご飯作ったり、1度も遊園地や動物園とか行ったりしたことなかったけど楽しかった。
ある日、私が帰ろうと玄関でキスした時、彼はキスをしながら抱きしめてきて、そのままスカートの中に手を入れてきて少し触られた。
あの時は凄くドキドキした。
付き合って4ヶ月くらいした頃、彼の誕生日があった。
プレゼントは何がいい?って聞いたら、一緒にいてくれればいいって言ってくれた。
うれしかった。
その夜のメールに、小学校の時の制服、着て見せてほしいって来た。
前に彼に見せた卒業式の写真が凄く好きだったみたいだったから誕生日プレゼントに見たいって。
誕生日の日、お母さんにバレないようにランドセルとか制服とか持ち出した。
靴箱の奥に埃かぶって入ってた靴も。
彼は凄く喜んでくれた。
小6の時から1cmくらい背が伸びたと思うけど自分で見ても変わってなかった。
その日、処女もプレゼントした。
それ以降、彼とエッチするときはたまに小学生に戻ってた。

男性が女性になること

男性が考える以上に女性の乳房は重いものです。
そして、大きくなったお尻も思った以上に動きにくく、男が女性になるということは、大変なことです。
しかし、女性になりたくてホルモン剤を飲んだり、女性ホルモンを注射をする男性はたくさんいます。
更に身体にメスを入れ、胸を大きくする男性も少なくありません。
そんな男性がSMサイトやゲイサイトによく書き込みをして、パートナーを探しています。
竿や玉は残っていても、乳房を大きくしたいと思う男性は多く、先ずは薬を使って自然に大きくする方法を選ぶのが普通です。
しかし、直ぐには大きくなりません。
飲み薬と並行して注射を打ちますが、この注射はお尻へ垂直に打つので、かなりの苦痛です。
でも、女性になりたいと思っている男性は、これをぐっと我慢します。
特に、玉抜きして去勢してしまうと、女性ホルモンの利き目がいいのです。
そして、女性として愛してもらえれば最高に嬉しいのです。
月に一回注射を打ち、これを半年も続けていると、次第に乳房が大きくなり、脂肪が付いて身体が丸みを帯び、お尻も大きくなってきます。
顔も優しく女性のように変化してきます。
ただ、自然に大きくなった乳房は、たえず揉んでいないとしこりになってしまうので、注意が必要です。
更に拒否反応がおきて、気持ちが悪くなることも多く、体調を崩す場合もあるので、それに耐えなくてはなりません。
一方で、メスを入れ、豊胸手術を受ける人もいます。
この場合は胸の大きさを自由に選べるので、巨乳にすることも可能です。
女性になりたい男性にとって、乳房があるということは精神的にとても安心感があるのです。